2010-12-1

2010-12-22010-12-3「The Hidden Tune」は、会場内の東屋を活用した作品だ。
東屋に近づくとセンサーが反応し、天井やベンチに仕掛けられたLEDが明滅をはじめ、
そこに光のイリュージョンが展開されるインタラクティブアートであった。

tokudai-ledp2010

作家:徳島大学総合科学部 中西グループ

徳島LEDアートフェスティバル2010に参加し強く感じたことは、公共空間で作品を展示することに必然的に伴う責任です。アート作品は概ね展示のために用意された空間に設置されるのですが、今回のフェスティバルは公共空間が主な会場であったため、展示場所周辺の環境を考慮する必要がありました。実際に出展者は皆、単に独自の光を展示場所に持ち込むのではなく、周囲の環境とのバランスを保ちながら作品要素を足し引きすることに苦労していました。結果として光や公共空間という課題はフェスティバルに参加した多くの人々にとって、アートを再考するきっかけとなったのではないでしょうか。