2010-25-1

「 きになるき」は新町川に「みんなで木を育て、緑を増やそう」
というメッセージを込めた作品である。
LEDの入った風船を一人ひとりが根元に取り付け、木を育てていく。
一人ひとりの行動が木を大木にし、新町川に緑が増えていく。

技術協力:藍谷壮一郎

tokudai-aut

作家:徳島大学建築サークル AUT

徳島大学

作家コメント

私たち徳島大学建築サークルAUTは、「日没あとのピクニック」という企画に参加させていただきました。藍場浜公園の作品「きになるき」は、来ていただいた方にLEDバルーンの木を育ててもらい、すばらしい作品が完成し、大盛況のうちに終わることができました。今回私たちは参加することで、多くの経験をさせていただき、スタッフ、関係者や市民の方との関わりが持てたことをうれしく思っており、財産になったと感じています。またの開催をすごく期待しています。