2013-6-1

2013-6-2
2013-6-3
2013-6-4かがり火の様に高く掲げられた照明群が、それぞれ多様な色彩をたたえパターンを生成し、フェスティバルを訪れる人々を迎えます。照明は訪れる人々の気配と、その周囲の環境変化をとらえ、刻一刻と表情を変えます。人々は、環境変化によってリアルタイムに生成される色のパターンを眺め、視覚から入ってくる情報により、皮膚で感じている風をはじめとする自然を強く意識します。また、自らが作品に入り込み、パターン作りに関与することで、人間と自然との関係をより強く感じることができる装置です。

stadio-mufufu

作家:studio mufufu

水島直洋、寺西正貴、水島左苗による創作集団。
ロンドン・東京に拠点を置き、人々に思いがけない喜びや驚きを届ける事を目的に建築・デザインからの視点による創作活動を幅広く展開。

主な受賞歴
2012年「 OWAN」京都デザイン賞2012 入選
2012年 天草エアライン機体デザインコンペティション 水野学特別賞受賞

作家コメント
会期を通し、多くの方々にご来場頂き有難うございました。また、市役所、コモンズ、アートフロントをはじめとする運営に関わる皆様には、多大なるご支援を頂き、深く感謝致しております。私どもは、アートフェスティバル初参加で慣れない点も多くございましたが、設営から撤収に至るまで、市民の方々からの暖かいご声援、あるいはご厚意に背中を押して頂きながら、 無事に展示を終える事ができました。特に、インタラクティブな私どもの作品と、阿波踊りとの即興的合作は、新しい可能性を拓くものであったと感慨深く思い返しております。フェスティバルの更なる発展と飛躍を祈念致しております。

studio mufufuオフィシャルサイト:http://mufufu.jp