2013-19-1

2013-19-22013-19-3気の遠くなるような時間を経て形作られた、石に内包されている記憶。ともすれば人類の歴史はおろか、恐竜の記憶、類人猿の記憶とともに私たちヒトの記憶すらも内包され、静かに眼の前に存在しています。石が内包する膨大な記憶の時間軸の中では、人の一生はほんの一瞬に過ぎません。この作品[ The blink stone ]は、その上を歩く人の足元で静かに光を放ちます。その光は、連綿と続く時間軸の中に、一瞬でも確かに人が介在する生の痕跡を表します。

kosaikobo

作家:光彩照明デザイン工房

灯り、光のアートが好きで集まった様々な職種の人達のコラボレーションチーム

主メンバー
石川欣男  照明技師 光彩照明デザイン工房主催
小薗早紀  慶応義塾大学理工学部
坂入美彩子 近江デザイン事務所
望月銀子  科学系クリエイティブディレクター
宮下真歩  建設会社員
中村真子  造形作家
林浩子   空間デザイナー
他多数のサポートメンバーにより活動中

作家コメント
感動的で有意義なLEDの祭典に素晴らしいアーティストの方たちと共に関わることができて光栄でした。私たち「光彩照明デザイン工房」は、このイベントがきっかけで発足しました。様々な職種のメンバーでひとつの作品を作ること自体初めての経験だったので、とても新鮮で大変楽しませていただきました。ご来場者から「居心地の良い光でくつろぎを感じることができた」というお声をいただき嬉しく思っています。会期中、少しずつ展示内容を変えていきましたが、そんな細かいところにも気付かれた方がいらっしゃったことに感謝と感動でいっぱいです。私達の展示を支えてくださった多く方々へ、貴重な機会をありがとうございました。とても良い経験をさせていただけたことにメンバー一同感謝しています。

https://www.facebook.com/kousaikoubou