2013-mt-2-1

2013-mt-2-22013-mt-2-3知っているけど忘れてて、覚えているのに気付かない。さっきのそこのいつもなら、いつかのどこかのだれかなら。ヒルネタリウムに映し出す10日間だけの日常観測。

tsukuba-kubota

作家:久保田 沙耶

アーティスト1987年、茨城県生まれ。筑波大学芸術専門学群卒業。現在、東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻油画研究領域在学中。日々の何気ない光景や人との出会いによって生まれる記憶と言葉、それらを組み合わせることで生まれる新しいイメージやかたちを作品の重要な要素としている。焦がしたトレーシングペーパーを何層も重ね合わせた平面作品や、遺物と装飾品を接合させた立体作品、さらには独自の装置を用いたインスタレーションなど、数種類のメディアを使い分け、ときに掛け合わせることで制作を続ける。「漂流郵便局」(瀬戸内国際芸術祭2013)など、グループ展も多数参加。

作家コメント

知っているけど忘れてて、覚えているのに気付かない。さっきのそこのいつもなら、いつかのどこかのだれかなら。ヒルネタリウムに映し出す10日間だけの日常観測。