a2img

a2img-2a2img-3

MICRO は私たちの身体と心の中にある極小の宇宙を探求する作品です。MICROのストリング(1−5個の球体がセットになっているもの)をそれぞれ商店街の天井から吊るしており、200個ある大、中、小の3種類の球体は、人が触れることでそれぞれ独自の光と音が出る仕組みになっています。観客が球体に触れながら歩き、飛び跳ね、踊ることで、音と光のつながりを作り上げていく相互作用をもったインタラクティブアートです。徳島市のシンボルとしての”商店街”の魅力を高め、日常に使われる”商店街”の概念を変容させる要素をもった作品です。

MICRO explores the small universe that is our body and mind.There are 200 translucent spheres hanging from the top of the structure of Shoutengai. When a sphere is touched it generates a unique sound, and lights up with one of 5 different colors. As people walk through, touching, playing and dancing with the spheres, they are engulfed by a symphony of lights and sounds surrounding them on all sides. MICRO delves into a world we cannot see, but is the very fabric of reality, the world of atoms, sub-atomic particles, and quantum fluctuation. Its a world of incomprehensible mystery, but one we experience every moment of our lives, even if we don’t realize it. To journey within is to experience this reality. MICRO enables people to take that journey. Together, the participants recreate this world where particles, waves, and vibrating energy are all interchangeable states. This is realized with strands of hanging balls that light up and make sound from within when touched.

展示期間:12月16日[金]-12月25日[日] 18:00〜22:00
purringtiger600

作家:Purring Tiger

”人々がワクワクしながら集うアート”を創ることを理念に活動している、ニューヨークのアーティストグループ。テクノロジーを使い、人間の身体と音と映像が影響しあいながら創り上げていく作品を公共の場に提供している。インタラクティブインスタレーションと身体の動きをもとに、テクノロジーと人間の身体が交感するアートの可能性を探るパフォーマンスワークショップや講演も行っている。Purring Tigerの作品の多くは国内・海外のダンスパフォーマー、ミュージシャン、メディアアーティストのコラボレーションによって創られ、アメリカ合衆国内のバーニングマンアートフェスティバル(ネバダ州)、キャメロンアート美術館(ノースキャロライナ州)、スコッツデールパブリックアート(アリゾナ州)、ブルックリン美術館、トライベッカ・パフォーミングアートセンター(ニューヨーク州)、コーチェラバレー・ミュージックアートフェスティバル(カリフォルニア州)、オーストラリアのフェデレーションスクエア(メルボルン)など様々な場所に招待、展示されている。
http://www.purringt.com/

Artist:Purring Tiger

Purring Tiger’s mission is to bring people together in the context of ART, in a subtext of WONDER. They use technology to intertwine the human body with sounds and vi-suals, and foster interaction. Purring Tiger also conducts lectures and performance workshops exploring the artistic combination of the human body with technology, using interactive installations and body movement. Many of their works are created in collab-oration with local/international dancers, musicians and media artists. Their pieces have been commissioned and appeared at the Coachella Valley Music & Arts Festival, Burning Man Art Festival, Brooklyn Museum of Art, Pause Festival – Fed-eration Square (Melbourne, Australia), Tribeca Performing Arts Center, Telfair Museum, Cameron Arts Museum, and Mesa Arts Centre, to name a few.
http://www.purringt.com/

作家:川合貴織

(1978年・香川県) 大阪芸術大学舞台芸術学科卒業。ニューヨークにてダンスパフォーマー・振付家としてスカイミュージック、エレインサマーズ・ダンス&フィルム、リンカーンセンター、アズールダンスシアターなどの団体と活動。その後、メディテーション、キネティックアウェアネス、コンタクトインプロヴィゼーション、ヨガ、そしてバレエやコンテンポラリーなど様々なダンストレーニングをもとに、独自の即興パフォーマンス様式を確立し、アメリカ国内やヨーロッパで公演、ワークショップを行う。彼女のデザインするインタラクティブインスタレーションは、人間の身体の動きに呼応し、お互いに影響し合うことで発生するパフォーマンス的な要素が含まれている。
http://kiorikawai.com/

Artist:Kiori Kawai

Kiori Kawai (Japanese, b. 1978) holds a B.A. in Performing Arts from the Osaka Uni-versity of Arts. As a dance performer and choreographer she has collaborated with Skymusic Inc., Elaine Summers Dance and Film, Lincoln Center, Azule Dance Theatre, and Serraves Contemporary Museum, Portugal. She’s built up her own improvisatory movement vocabulary based on the techniques of meditation, Kinetic Awareness, Con-tact Improv, yoga and various dance trainings. This led her to designing interactive in-stallation that include human body movement within kinetic sculptures.
http://kiorikawai.com/

作家:Aaron Sherwood

(1977年・アメリカ合衆国) ニューヨーク大学インタラクティブ・テレコミュニケーション学科修士号、ニュースクール大学ジャズ・コンテンポラリーミュージック学科学士号取得。音や光の媒体を通して因果関係を探求するニューメディアアーティスト。大規模なオーディオ・ビジュアルインスタレーション、音の彫刻、ゲリラアート、パフォーマンスの形で表現される。彼の作品はフューチャー・オブ・ストーリーテリング会議、ボーナルー・ミュージックフェスティバル(アメリカ合衆国)、フェスティバル・オブ・キュリオシティ(アイルランド)など、様々なニューメディア・アートフェスティバルで展示されている。
http://aaron-sherwood.com/

Artist:Aaron Sherwood

Aaron Sherwood (American, b. 1977) holds a masters in Interactive Telecommunica-tions from New York University and a B.F.A. in Jazz and Contemporary Music from the New School University. He is a new media artist exploring cause and effect through the mediums of sound and light. This takes the form of large scale audio/visual installa-tions, sound sculptures, guerrilla art interventions, and performance. Sherwood’s work has been exhibited at the Future of Storytelling Conference, Scopitone Festival (Nantes, France), Bonnaroo Music Festival, Festival of Curiosity (Dublin, Ireland), and the Currents New Media Festival, among others.
http://aaron-sherwood.com/

MICORO