a-6-1

何が「街」をつくっているのでしょうか。様々な建物の形をしたオブジェがたくさん重なり合っています。街と聞くと、ひしめき合っている建物のイメージがまず浮かぶと思います。でも、建物だけでは「街」にはならないような気がします。様々な建物やその中に暮らす人々、それぞれの時間が何重にも重なり、街をつくっていきます。そして、その中には人の人生があり、在り方があります。人生と同じように、街にはいい部分もそうでない部分もあると思います。出来ればそれぞれが、尊重し合い、穏やかにそれぞれの光を放っていて欲しいと思います。街の、人の、在り方、時間、そこで汗を流し、存在するものが柔らかい光で揺らめく作品としました。

hayabuchi300

作家:早渕太亮

略歴・参加展示・企画展
2008年 鳴門教育大学大学院芸術系美術(彫刻)修了
2009年 休廃校活性化プロジェクト  高知県立美術館
2010年 徳島LEDアートフェスティバル 徳島市
2012年 風の伝言プロジェクトⅠ  高松市塩江美術館
2015年 ムギテバ・アート展  徳島

街の灯り