a11-1

a11img-2a11img-3a10img-8a11img-4
imagination, wall
color communication

作品を通してあなたとわたしが出会う
光を通して色と色が出会い混じり合う
色と色が重なると新しい色が生まれる
人との出会いがわたしたちを変えていくように
色もコミュニケーションしている

光の中にとけていく色、わたしたち
色は一つではなくいろいろな色がある
人と人も同じ
出会うことで変化して世界は広がっていく
カラー、コミュニケーション
色と色が出会う人と人が出会う

 

作品を考えているときにこの詩が浮かんできました。人と人そして光/色が出会う縁のような作品にしたいと思いこの作品が生まれました。会場に来た人が壁を触るとふわっと光って色が生まれる。 一人が触ったところの色と別のもう一人が触ったところの色が交流して別の色が生まれる。いろいろな人が作品に出会い触ることで、作品の中で変化して新しく繰り返されていく、「生まれ、出会い、とけあい生まれる光/色」。出会うことで人も色/光も広がって見える世界も広がっていく。作品の中で人と人、色と色、人と色が出会うコミュニケーションをする作品にしたいなと考えている。初めて会場に来た見知らぬ人どうしが作品を通して出会い、作品の色の光も出会う縁のような作品。光が混じり合うのを人とのつながりと例える。人と人、色と色、人と色の出会い、コミュニケーションを隣の色と色が混じり合って別の色が生まれることで表現する。様々な色が全て点灯すると最後白色になって色が混じり合い、とけあったこと、コミュニケーションできたことを表現できるようにする予定。触ったときに柔らかな光に包まれる。

As I thought about making this piece, a poem came to mind. This piece was born from the wish to make an installation where people as well as lights/colors might be destined to meet. People come to a venue and touch a wall, and a gentle glow of color is produced. The color from the place one person touches interacts with the color from a place another person touches, and a different color is created. As different people find the piece and touch it, a process of “lights/colors being born, meeting, blending and being born” keeps happening and changing anew inside the piece, over and over. The meeting process opens up a world in which people and lights/colors are visibly unfolding. I wanted to make a piece for encounter and communication between people, between colors, and between people and colors. A piece where encounters are destined, encounters between strangers arriving at the same time, or encounters between the colors and lights of the piece. Light blending together is comparable to a connection between people. Two adjacent colors mixing to create a different color represents encounter and communication between person and person, color and color, person and color. I hope that as various colors are all lit up, they may finally blend into white, melting together, signifying that communication has taken place. Being wrapped in gentle light upon touching.

展示期間:12月16日[金]-12月25日[日] 18:00〜22:00
people-damy

作家:島田和枝

絵、イラスト、写真、立体等、幅広く表現/創作活動を行っている
2007年/文化の森ビデオ/デジタル写真コンクール ( デジタル写真の部 ) 入選
2013年/徳島LEDアートフェスティバル2013 “TLT”( Tokushima LED Terakoya ) THE BIG PICTUREに参加 プロジェクションマッピングにイラスト使用
2013年/徳島ひょうたん島博覧会「BRILLIANT CLOUD PROJECT」‐ 光り輝く雲計画 – 、参加
2014年/徳島ひょうたん島博覧会のLEDねぶた制作に参加
2016年/徳島LEDアートフェスティバル2016 種別A 入賞

Artist: Kazue Shimada

Active in a wide range of expressive media including painting, illustration, photography and sculpture.
2007/Chosen to participate in the Bunka no Mori Competition (Digital Photography Category)
2013/Contributed projection mapping illustration for “The Big Picture”, produced by Tokushima LED Terakoya for the Tokushima LED Art Festival
2013/Co-creator of “Brilliant Cloud Project”, Tokushima Hyotanjima Exposition
2014/Co-creator of “LED Nebuta”, Tokushima Hyotanjima Exposition
2016/Prizewinner, Category A, Tokushima LED Art Festival

color-communication:imagination wall