b-9-1

生花を傷つけないように小型の高輝度LED電球を花弁の隙間から、花床付近に差し込みます。LED電球を点灯すると花弁を透過した光が神秘的に周辺を照らします。自然界とテクノロジーをコラボした間接照明です。花は、徳島の特産物であり11月頃から出荷され始めるチューリップとします。LEDとチューリップが演出する光は、自然とテクノロジーが融合した新しい徳島の光となるでしょう。

展示期間:12月16日[金]-12月25日[日] 18:00〜22:00
keduka600

作家:毛塚順次

1971年生まれ 東京都出身
1994年 東京理科大学 建築学科卒業
1996年 同大学 大学院卒業
第1回 エネオス太陽光発電 パブリックアートコンテスト ENEOS賞
同作品神戸ビエンナレ2011展示
SDA AWARD 2016 公共サイン部門 サインデザイン最優秀賞 他
大手建設会社 先端産業施設担当 一級建築士
シニアアーキテクト 毛塚順次

Floral illumination