2016art-c-3

泡と光の共演によるアート作品です。タイトルのAWAは阿波と泡を連想し,LEDによって照らし出される泡が踊っているように見えることをイメージしました。立てて並べたアクリルパイプの中を水で満たし,底から湧き上がる泡のタイミングをコンピュータによって制御し,フルカラーLEDの光でその泡を照らし出します。パイプを横一列に並べることで,文字なども表現することができます。泡を利用したディスプレイともいえる作品です。

展示期間:12月16日[金]-12月25日[日] 18:00〜22:00
kagiko2

作家:徳島県立徳島科学技術高等学校 情報通信コース2年

情報通信コースは電気の基礎を学習し,高度情報通信社会の発展に貢献できる技術者を目指して,コンピュータの使用方法はもちろん,コンピュータのハードウェアやソフトウェア,各種通信と制御を学習するコースです。
実習の授業でもマイコン制御による電子制御を行っており,LEDを制御する課題もあります。LEDアートフェスティバルには以前より興味があり,いつか出展をしたいと考えていたところ,今回お話を頂き,応募することになりました。

メンバー
夏野桃夏(前左)・木内かなえ(前中)・仙田直也(後中)・楠川貴大(後右)

AWA踊り